相続の問題はプロの弁護士におまかせ

  • 相続問題は法律が関係しますので、弁護士に依頼を!

    • 相続にはいろいろな、事柄があり、また決められた民法に従う必要があります、親族同士の争いを無くすため、もしくは仲介を公正に取り持つためにも、弁護士を仲介人にする事が望ましいです。


      弁護士に依頼する相続相談は次に示すような事柄があります。



      「遺産分割」とは、故人が生前に持っていた、全ての権利・義務を受取人各自がその受取分に応じて、共同で受取ることになります、遺産分割の時期は故人が死亡して3ヶ月以内に話し合いが始まれば、期限はありません、ただ配偶者の税額軽減は遺産分割が前提ですので、あまり時間が経たない時期に分割協議をすることが賢明です。



      「遺留分」とは、故人が生前に遺言書等で、生計を共にしていない相手に、全ての財産を譲る様な内容であれば、故人の財産に依存して生活をしてきた家族は以降の生活設計が出来ません、そのために一定の受取人に確保するために設けられた制度を遺留分の制度といいます。



      「相続放棄」とは、故人の財産に属す全ての権利・義務を受取人は所有することが出来ますが、故人が生前に借金が多くあり、財産と相殺しても借金の額が上回る場合等は、放棄が出来ます、受取人は承認するか放棄するかの自由が民法により認められています。



      「遺言書」は、生前に誰でも自由に”誰に”、”どれだけ”など受取人を指定し、財産の分与を決められますが、遺言能力がない書面は、認められないことがあります、書式・内容は民法の規定に則って作成する必要があります。



      上記に示したように、第三者が内容の確認をしたり民法に照らして適当かを判断するためにも、相続の相談は弁護士に依頼をすることが賢明です。



  • 関連リンク

    • 人間である以上はいつの日か死亡する日が訪れますので、誰にでも相続の問題は発生すると言えます。問題が起こるときには親族間で争いが発生することも多いですので、争いが起こってしまったときには法律的な手続きを行う方法で解決策を模索することもできます。...

    • 法律相談の必要性が高くなってくる問題としては、相続問題を取り上げることができます。相続では争いを防止することや円満に遺産分割を進めるために遺産分割協議書の作成や遺言書の作成に関して弁護士に依頼することが可能です。...